鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市西区、カイロプラクティック

【ピンクレディー】ペッパー警部【叩いてみた】drum cover/ドラムカバー pink lady


【漫画】1秒で終了する拷問。 頭上に100キロの鉄…落っことす。


なぜアメリカの高速道路は無料?


【ひろゆき】愚痴を言う人について語るひろゆきまとめ【愚痴の聞き方 愚痴の対処法 愚痴の心理 文句 陰口】


【ゆっくり解説】本当は怖い日本の聖地10選!【神社・仏閣】


【ヤクザシリーズ24】うっかり取調べで色々話してしまう牧村<マル暴編3>



骨盤矯正とカイロプラクティック


骨盤矯正


近頃「骨盤矯正」と言うのをネットやテレビや週刊誌などで見ることが多くなってきました。 「骨盤矯正」とはどんなものなのか知る人は少数です。 骨盤矯正はどのようなものか解説してみます。 「骨盤矯正」のことを理解して間違いの無い骨盤矯正を受けることができるようにしましょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正


骨盤は、左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨の先っぽに付いている尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療では普通「骨盤」の矯正はしません。 なぜかと言うと、一般医療では「骨盤」はズレないと考えていて骨盤が日常生活でズレてその歪みが身体の不調の原因になることはないと考えているからなのです。 (しかし一部の整形外科で骨盤の施術を独自に行っている病院もすくなからずある)。 例外として、交通事故や高い所から落下したときのように強烈な負荷が骨盤に加わり骨盤の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元どおりの状態に戻すように「骨盤」を調整する場合がある。 この場合、手術のようなかたちで骨盤の修正をすることが多い。 また婦人科では、産後に骨盤の関節の歪みを治すように骨盤を締め付けて安定させる骨盤ベルトのような装具をすすめる病院が増えてます。

骨盤はズレるのか?


普通の医療では骨盤は歪まないと言われ、「カイロプラクティック」では骨盤はズレるといわれていてどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いが出るのかを説明してみます。 まずは、カイロプラクティックで言う骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲンなどの画像診断で見て分かるような大きな歪みは扱うことはありません。

一般の医療では?


整形外科などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で見ることのできないくらいのズレは痛みなど身体の不調の原因にはならないと考えています。 他にも「骨盤」の動きはわずかで例外的なのは出産するときに可動するくらい。 歳をとると仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまうので骨盤は通常可動することはないと思われているみたいです。

カイロプラクティックの骨盤矯正


手技療法でおこなわれている骨盤矯正は、常日頃から骨盤の微妙な歪みを治療していくことで患部の症状がなくなるのを体験します。 実際骨盤の関節の周辺には筋肉、靱帯、神経がありわずかなズレでも神経、筋肉、靱帯、を刺激してしまいます。 レントゲンやMRIなどの写真で歪みが写らなくても「骨盤」がズレていてそのズレを施術する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこのためです。

骨盤の歪みは痛みの原因


ズレた骨盤は、いろいろな痛みを身体に出現させます。 骨盤がズレると骨盤に乗る背骨が歪みます。 背骨がひずむと背骨の中に入っている血管や神経、肉体を保持する筋肉や靱帯、全身の臓器に血液を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、全て肉体にとってすごく重要なものでどれか一つが障害されても身体に障害が起きてきます。

骨盤が原因の身体の異常


背骨がズレると背骨から出る神経の機能が障害されます。 内臓の障害や運動器官の異常など肉体のあらゆる部分が神経でコントロールされているので、全ての体の異常に関係してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担


ズレた体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に大きな負荷がかかるため、凝りや痛みなどの要因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良


体の曲がりによって血管を圧迫してしまうことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの原因になる。

骨盤矯正とカイロプラクティック


手技療法などによる「カイロプラクティック」骨盤矯正は、おおくの場合手によって行われます。 矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般には手でするようです。 また、ベルトのような骨盤を締め付けるような道具も用いる事もあるようです。 普通施術の痛みは伴わないのが普通ですが、その中には凄く強い力で無理に修正をする方法を用いる治療師もいる。 普通の骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動性はとても狭く大きく動くことはない。 この少しの可動域を修正により動かすので、普通は大きな力を使うことはない。

カイロプラクティックでおこなっている骨盤矯正


骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の許す範囲でしか「骨盤」の仙骨と腸骨の関節は動くことはできません。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、ネット、雑誌などで見ますが、騙されないように。 骨盤にどんなに力をかけても見た目で分かるだけの動きはしません。 このような広告をする「カイロプラクティック」は、骨盤の上に乗るなど大きな力を加えるなどして調整します。 大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと思う方達もいますが、目に見えて分かるほど動いた時は「骨盤」の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。 治療した後変化したと感じる方達もいるみたいですが勘違いのようなもので変ったような感じがしているだけです。 骨盤の仙腸関節に損傷がなければ骨盤が目に見えて変化が自覚できるほど可動していることはないのです。 かりに見た目で動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は損傷しているわけであり、関節の痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?


例外として骨盤が普通異常に可動する場合がある。 それは出産時です。 出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるみ骨盤が、広がるように動きやすくなります。 出産の時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の恥骨の関節はこのような柔軟性は無い。 出産時でもそんなに大きく可動しない「骨盤」が見た目で分かるほど調整で大きく可動することはありえません。 歯の矯正のように何年か常に力を加え続けるようなベルトなど使用すればすこしずつですが矯正していく事は可能でよしょうが実際には無理だと思います。

骨盤の矯正をしてみよう!


カイロプラクティックで行う骨盤矯正は、体形を変えるものではなく、肉体をバランスの整った理想的な状態に整えることが目的です。 「骨盤」の腸骨と仙骨の関節が多少のズレでも痛みを発することがあるし、「骨盤」の微妙な歪みが体全体をひずませ健康に影響を与えます。 骨盤を修正して体をバランスのとれた理想的な状態に保つことで、健康を保ち痛みや凝りを改善します。 もし「骨盤」が歪んでいるとおもったら「骨盤矯正」をしてみるのもいいとおもいます。 「骨盤」は、身体の基礎です。 骨盤が傾けば体全体が傾きます。 健康な身体は姿勢から!カイロプラクティック施術はとっても効果的な助けになる。
磐田市、骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です